クーポラだより No.12 ~美しい日本語とラウラの宿題~

 昭和34年から、平成2年まで、30年続いた「兼高かおる世界の旅」という テレビ番組がありました。


 兼高かおる、本人と、名司会者、芥川隆行の軽妙なナレーションをはさんだ、 魅力的な旅番組です。


 私が子供の頃、1ドルは360円で、外国旅行は、一般庶民には無縁の世界でした。


 毎週、日曜日の8時半から始まる「兼高かおる世界の旅」を見ながら、 私は、不思議な外国の映像に魅了されました。 


また、兼高かおる の美しい日本語にも、とても、魅力を感じました。


 彼女の口から出てくる、ていねいな日本語がとても新鮮で、自然でした。


 気取った、嫌味な感じがせず、テレビ画面の中の外国映像と彼女の美しい日本語が、

とてもよく似合っていました。 


言語は道具です。


 言語は、自分の持っている情報や考えを、他者に伝えるための、手段に過ぎません。 


伝える内容が貧しかったならば、ていねいで、美しい言い方は、滑稽です。 


「兼高かおる世界の旅」の30分の映像には、膨大な情報量が、凝縮されており、 実際に現地へ足を運んだ彼女が、解説するからこそ、美しい日本語が生きてくる のだと思います。


 1993年(平成5年)の夏、ガルニャーノの語学学校で、イタリア語のシャワーを浴びましたが、私の口からは、スラスラとイタリア語は出てきませんでした。


 奨学生期限、残り9か月、私はミラノで、新しい語学学校に入りました。


 イタリアは観光王国なので、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアなどの人気古都には、楽しい語学研修コースがあります。


 料理とイタリア語、ファッションとイタリア語、美術とイタリア語など。 期間も1週間から3か月まで様々です。語学学校が滞在先を確保してくれて、至れり尽くせりです。


 ただし、楽しい要素と、語学力の実力向上は正比例しにくいものです。


 私は早く、イタリア語の実力をつけたかったので、ビジネスマン用のコースにしました。


 私は5~6人の少人数クラスに入りました。 


クラス担当は「ラウラ」という名前の若い女の先生です。


イタリアでは、 未婚の女性には、スィニョリーナを、既婚の女性には、スィニョーラを、名前の前につけ、尊敬を表します。 


ラウラは既婚者でしたが、スィニョリーナ・ラウラ(ラウラ先生)と呼びたくなるくらい、外見は、可愛い先生でした。 


しかし、ラウラは熱血先生でした。


 毎日、毎日、どっさり宿題を出すのです。 A4の用紙1枚につき、約40問。 それが2~3枚なので、軽く100問はありました。


 ラウラの宿題をしていると、小学生の頃の、算数のドリルや、漢字の書き取りが、

思い出されました。 


ラウラの問題は単純で、簡単でした。 


ただ、量がとても多いので、じっくり考えるのではなく、スピードが必要でした。


 イタリア文をみたら、「読む」よりも、「つかむ」感覚です。 ラウラの宿題のおかげで、

ついに、私の口からイタリア語が滑らかに出てくるようになりました。


 しかし、イタリア語が話せる日本人になった私には、新たな課題が出てきました。


 ヨーロッパの人たちからみると、日本は不思議な東洋の国です。 


日本に関心があるイタリア人から、日本の文化、習慣、行事、政治、思想と様々な質問が私に、

浴びせられるようになったのです。 


日本に住んでいたころは、深く考えもしなかったことを、イタリア人に、イタリア語で説明しなければなりません。


 祖国に対する貧しい自分の知識を、私はとても恥じました。


 日本を出発する前に、もっと新聞や、本を読んでおくべきでした。


 日本に好意を持っている外国の人を満足させるには、日頃から、自分の国のことに関心を持ち、

広い視野と勉強が必要だなと、痛感しました。


 考えたこともなく、見たこともなく、読んだことがないものを、いくらイタリア語の文法を身につけたところで、イタリア語で表現できるはずがないのです。  


さて、私の指揮研究会の続きにもどりましょう。 


私の右腕に指揮者筋肉が目覚めてきたので、先輩が次の課題を与えました。 


メトロノームの規則的な音に合わせて、軽く握った右手の拳を、空中の同じ一点に、落とすのです。


 メトロノームの針は左右に正確に動きます。


 メトロノームの針の動きのように正確に、腕を上下に動かすのです。 右手の拳が、必ず、同じ空中の一点を打たないといけません。


 連続して、何分間でも、同じ一点が打てるようになると、今度は、同じ二点になりました。


 二点を連続して、空中で描くと、二拍子の図形になります。


 三点では、三拍子の図形です。 


こうして、正確に美しい拍子の図形が空中で描けるようになり、私は、少し得意になっていました。


 美しい図形が描けただけで、早くも指揮ができそうな気がしてきたからです。 


しかし、ある日、先輩は、「指揮のレッスンを受けにいくから、ビデオテープを一本用意しなさい。」と私に言うのです。


 私は「え?レッスンを受けに行くって、どこに?誰に?ビデオテープって?」 困惑している私に、またしても、優しく先輩が、言いました。 


「私たち、国立音楽大学の指揮研究会は、指揮者の小松一彦先生のレッスンを受けているのです。」


 つづく

 2016年2月29日 

クーポラだより

幼い頃から、歌とピアノが大好き! ピアノを習いたくて、習いたくて.・・・。 念願かなって、ピアノを習い始めたのは、13歳。ピアノを猛練習し、 高校も大学も音楽科へ。就職も、学校の音楽の先生。夫、大江完との出会い。 イタリア留学。スカラ座の花形歌手、カヴァッリ先生の教え。33歳から始めたバレエ。 音楽が、もたらしてくれた、たくさんの出会いと、喜びを綴ったのが、クーポラだよりです。

0コメント

  • 1000 / 1000